神戸市中央区、HAT神戸周辺にお住まいの方へ

お知らせ

2015/12/07

年長 園外保育~小磯良平記念美術館~

turukabuto.20140224edda
今日の園外保育は、美術館!!
「美術館って、どんなとこ!?」「どんな絵があるのかなぁ?」とワクワクとした気持ちで出発しました。

美術館の中へ一歩足を踏み入れると、たくさんの絵画が展示してあり、シーンとしている空間。いつもにぎやかで元気な子どもたちも、その場の雰囲気を察知し、そーっと歩き表情も少し緊張気味でした。

展示室では、ひとつひとつの絵を丁寧に説明してくださる学芸員の方のお話に、しっかり耳を傾け「そうなんやぁ」「すごいなぁ!!」と感心して何度もうなずき、個々にいろんなことを感じたようです。

説明の次は、子どもたちが絵を描く時間。展示してある絵の中から、一番好きな絵を描きうつすことをしました。男の子に人気だったのは、竹林。真っ直ぐ伸び、力強く生えてる所に魅力を感じたようです。女の子に人気の絵は、色鮮やかなお花や美味しそうな果物の絵でした。
たくさんの素敵な絵を見て、胸の奥がポカポカと温まり心が満たされた年長組さんでした。

心が満たされた後は、お腹も満たしたい!!みんなが大好きなお弁当の時間です。本来は、公園で昼食をとる予定でしたが、気温が低く風も強かったので室内で昼食をとりました。
お母さま方が作って下さったキャラクター弁当も、素敵な芸術作品♪♪食べるのがもったいないほどのお弁当でしたが、みんな残さずきれいに食べました。

公園では、寒さになんて負けないぞ!というくらい元気に遊びました。少しの時間でしたが、夢中になって遊び笑顔いっぱいの子どもたちでした。

今回の遠足では、美術品と近くで触れ合うことで、絵の表現方法を学んだり気持ちが豊かになったりと、いろんなことを感じ得ることができました。

 

年長 美術館