神戸市中央区、HAT神戸周辺にお住まいの方へ

お知らせ

2020/11/10

おいもほり

おいもほり

爽やかな秋空の下、楽しみにしていたおいもほりに行きました。

当日はどの学年もお天気にも恵まれ、たくさんのおいもを収穫することができました。

楽しかったおいもほり、学年ごとに紹介します。

 

~年長~

当初の予定日が雨で延期になった為、「まだかなぁ、まだかなぁ。」と、

ずっと待ち遠しにしていたおいもほり。

さすがの年長さん、 軍手やスコップの準備をする速さも運転手さんが驚くほどのスピードで、バスの中からやる気満々!

おいも畑では、土に埋まっているおいもを大人の手を借りず、自分の力でどんどん掘っていきます。

無理やり引っ張ると、おいものつるがちぎれてしまうことを教えてもらい、

奥に埋まっている大きなおいもはスコップで掘って、友達と力を合わせて引っ張る姿もありました。

「まだまだ掘りたいー!」とあちらこちらで声が上がるほど、

慣れた手つきで、たくさんのおいもを袋いっぱい収穫できました。

その後、お家の方の愛情たっぷりのお弁当を見せ合いっこ!美味しく頂いたあと、みんな田んぼで遊びました。

田んぼには、秋の虫がたくさん!

虫が苦手な子も「触ってみようかな・・」と挑戦する姿もみられたり、

子どもたちの成長をたくさん感じました。

 

~年中~

「年少のときよりもいっぱい掘って帰る!」「目標100個!」

と気合十分な年中さん。

その言葉の通り、先生や友達と協力してどんどん掘っていき、

みるみるうちに袋がおいもでいっぱいになりました。

おいもほりのあとは、お楽しみのお弁当タイム!

爽やかな秋の空気の中で、美味しく頂きました。

お腹いっぱいになると、近くの田んぼでたくさん遊びました。

「先生ー!虫がいるよー!」と、バッタやカエルを素手で捕まえたり

紅葉した葉っぱや柿の木を見つけて、友達と見せ合いっこする子どもたち。

たくさんの秋を見つけ、いろんな自然に触れることができました。

 

~年少~

年少さんにとっておいもほりが初めての遠足!

朝のバスから元気いっぱいで、お友達や先生とお話をして車内は終始大盛り上がりでした。

農園に着き、いざ、おいもほり!

ですが、畑では土に足を取られ上手く歩けず、なかなか前に進めない子もちらほら・・・。

ヨロヨロ歩きながらも頑張って歩く姿はとても可愛らしかったです。

農園の方や運転手さんが軽く掘り起こしてくれたおいもを、土の中から取って、みんな袋いっぱいにつめます。

「先生、みてみてー!」「大きいお芋とれたー!」「赤ちゃんお芋もいるよ!」

おおきなおいも、ちいさなおいも、いろんな形のおいもをたくさん収穫できました。

そして、みんなが楽しみにしていたお弁当!

青空の下、友達とお外で食べるお弁当は、格別美味しく感じます。

食べ終わった後は、田んぼで虫を捕まえたり、発見した秋の実りを「みてみてー!」と大事そうに手にもって見せてくれました。

帰りのバスでは、「次は年中さんになったら来ようね!」と、もう来年のおいもほりを待ち遠しにしている年少さんでした。

new2スクリーンショット 2020-11-02 133622

おいもほり